こんなお悩みありませんか?

一般歯科

一般歯科

  • 歯が痛い、しみる、咬むと痛い
  • 歯が欠けている、穴があいている
咬み合わせ

咬み合わせ

  • 左右バランス良く咬むことができない
  • 口を開けると、あごが痛かったり音がする
歯周病

歯周病

  • 歯ぐきが腫れている、出血する
  • 歯がグラグラ動いて咬みづらい
  • 口臭が気になる
歯を残したい方へ

歯を残したい方へ

  • お口の中の状態を、詳しく知りたい
  • 可能な限り歯を残したい
丁寧な根管治療

丁寧な根管治療

  • 歯がズキズキ痛む
  • 歯の根元のは歯ぐきに膿がたまって腫れた
小児歯科

小児歯科

  • 乳歯が残っているのに永久歯が生えてきた
  • 歯みがきを嫌がってしまって困っている
審美歯科

審美歯科

  • 歯の黄ばみ、黒味が気になる
  • 前歯のわずかなスキマやねじれが気になる
全顎矯正

全顎矯正

  • 歯並びが気になる
  • 咬み合わせが気になる
  • メインテナンスしやすいお口の中にしたい
部分矯正

部分矯正

  • 歯並びに部分的に気になる場所がある
  • 前歯のわずかなスキマやねじれが気になる
インプラント

インプラント

  • 健全な歯を削らずに失われた部分の咬み合わせを回復したい
  • 入れ歯・ブリッジが合わない
入れ歯

入れ歯

  • 義歯で食事を美しく食べたい
  • 入れ歯がゆるい、合わない

ジャスミン歯科クリニックについて

ジャスミン歯科クリニック
ワイヤー矯正
磁性アタッチメント義歯
金属床オーバーデンチャー
ノンメタルクラスプ義歯
インプラント
無痛治療
再生療法
自家歯牙移植
エクストリュージョン
インプラント矯正
アライナー矯正

ジャスミン歯科クリニック

患者さまに対して誠実な歯科医師でありたい

患者さまとお話させていただく際に、ジャスミン歯科クリニックでは「誠実であること」を心がけています。

歯科治療は日進月歩。治療方法や材料などは、それぞれにメリットとデメリットが必ずあるものです。
専門家の立場から、いいことばかりでなく、悪いことも虚飾なくお伝えしなければ、患者さまがご自分にとって「これが一番いい」と考える選択はできません。
長い時間が経っても、「あのときこれを選択してよかった」と、
そう思っていただける治療を行うこと。
それがジャスミン歯科クリニックのモットーです。

当院の特徴へ>

ジャスミン歯科クリニックの4つのポイント

徹底したカウンセリング・プロファイリング

POINT01
徹底したカウンセリング・プロファイリング
患者さまお一人おひとりの咬み合わせを長期に渡り維持できるように、治療方針・メインテナンス方針を決めてから治療を行います。お口の中の状態は、日々変化していくもの。特にむし歯や歯周病のリスクが高い方、咬み合わせの不揃いが大きい方、歯ぎしりや食いしばりといった咬み合わせをするときに癖がある方などは、定期的にお口の中をモニタリングしていくことが重要と考えます。

そのため当院では、患者さまごとにファイルを作り、口腔内写真や口腔内レントゲン、歯周病チャートや治療方針などを一括管理し、経時的変化もわかりやすく説明できるように努めています。また、できるだけ複数の治療方針をご提示して、患者さまに十分ご理解いただいた上で選択していただき、治療を行っていきます。
メインテナンスの期間についても、ご相談の上決めさせていただいております。

歯をしっかり守ります

POINT02
歯をしっかり守ります
“ご自分の歯で、長期間にわたって咬むことができること”を目標に、セルフケアとプロケアを行っていきます。当院では“むし歯”についても“歯周病”についても、患者さまの口腔内の状態を知っていただくために口腔内写真や丁寧な検査や歯の染め出し等による”見える化“を図っております。

ひとことで”むし歯“”歯周病“といっても、進行度合いや場所や範囲、咬み合わせの状況など、患者さまによりまちまちです。ですから、ご自分のお口の中の状態を良く知っていただき、適切なプラークコントロールの方法をセルフケア・プロケアの両面から、熟練した歯科衛生士により提案させていただきます。

よりきめ細やかなケアを行うためのツールも準備しております。むし歯や歯周病は感染症です。治療後についても定期的にメインテナンスしていくことが重要だと考えます。そのため、治療後の改善された状態を維持できるように、熟練した歯科衛生士が患者さまの状況に合わせたメインテナンスを行っていきます。

天然歯を残すことにこだわります

POINT03
天然歯を残すことにこだわります
患者さまお一人おひとりの咬み合わせを長期に渡り維持できるように、治療方針・メインテナンス方針を決めてから治療を行います。

“歯”と“樹木”は、ある意味において似ています。枯れ木は曲げると折れやすいですが、生木はしなって容易に折れません。私たちの歯(天然歯)も同じで、歯の神経(歯髄)が残っている方が折れるリスクは減ります。

また、天然歯の歯根とあごの骨との間には“歯根膜”という繊維性のクッションが存在して、健全な咬み合わせを維持するための役割を果たしていますが、人工物でこれに代替するものはありません。そのため私は、天然歯を残すこと、歯髄を残すことを優先的にご提案させていただいております。

咬合再構築も積極的に対応いたします

POINT04
咬合再構築も積極的に対応いたします
むし歯や歯周病や力の問題を放置してしまったために、咬み合わせが難しくなってきた場合もあきらめないでください。思い立ったその日から、咬合再構築をしていきます。永久歯は、全部で28本(智歯を含めると32本)あり、前歯・犬歯・臼歯とそれぞれの役割を担っています。

むし歯や歯周病が進行したり、歯が折れたりして歯の数が減ってくると、咬み合わせたときに上下のあごを支える歯の数も減ってきてしまいます。おみこしに例えると、沢山の人で支えているときは一人一人の負担は少ないですが、人数が減ってくると一人一人の負担が増えてきます。更に力の負担が増えてくると、それに耐えられなくなり、加速度的に一人また一人と脱落していきます。最終的にはおみこしを担ぐ人がいなくなり、地面に置かれた状態になります。

お口の中も同じで、今までの様に咬めなくなる“咬合崩壊”が起こります。正しい咬み合わせの位置が失われてしまいますので、“咬合再構築”が必要になります。当院では、患者さまの状態を把握させていただき、ご希望をお伺いし相談しながら、
治療方針を決めていきます。まずは当院にご相談ください。

天然歯を残すための理想的な方法として矯正歯科を位置付けています

ワイヤー矯正
ワイヤー矯正
詳しく見る>
アライナー矯正
アライナー矯正
詳しく見る>
部分矯正
部分矯正
詳しく見る>
小児矯正
小児矯正
詳しく見る>

あなたの歯並びはどのタイプ?あなたの歯並びはどのタイプ?

矯正治療のスタートは、何よりもお口の中の現状を把握することから始まります。
矯正治療でよくある歯並びのタイプをご説明いたします。

ジャスミン歯科ブログ

2024/04/03
巷で噂される歯の話のウソ・ホント

 

こんにちは。院長の丸山です。

 

春の訪れを感じ、
新たな始まりに心おどる季節となりました。

 

さて、4月1日は皆さんもご存じの
エイプリルフールです。
この日だけは
「罪のないウソならついてもいい」
ということで、
周囲を楽しませるユニークなウソに
考えをめぐらす方もいらっしゃるでしょう。

 

歯に関する話題や噂のなかには
ウソとは言えないまでも、誤解を招くものや、
不正確な情報が広まっているものが存在します。

 

そこで今回は、
世間で広く信じられている歯の話題を、
医学的な観点から検証していきたいと思います。

 

 

 

 

◆「甘いもの」を食べなければ
 むし歯にならない?

 

大人が小さな子どもに
「甘いものばかり食べていたらむし歯になるよ!」
注意するシーンは
昔からよく見られる日常の一コマです。

 

このような過去の経験から
「甘いもの=砂糖の入った食品を食べなければ
むし歯にはならない」と考える方も
少なくありません。

 

しかし、むし歯の原因になる糖は
ご飯やパン、うどん、果物など、
身の回りにある多くの食品に含まれています。

 

そして、そのどれもが
むし歯を起こす原因となりうるのです。

 

 

 

また、むし歯予防においては
糖分を摂りすぎないことも大切ですが、
それ以上に食後の歯みがきを
習慣づけることが効果的です。

 

 

 

 

◆乳歯は抜けるから
 むし歯になっても問題ない?

 

乳歯は12歳ごろまでに自然に抜け落ち、
永久歯に置き換わることから
「むし歯になっても大丈夫」と
思っている方も少なくないようです。

 

しかし、乳歯のむし歯は子どもの健康や
発育に悪影響を及ぼすため注意が必要です。

 

 

たとえば、乳歯がむし歯になって
食べものがうまく噛めないと、栄養が偏ったり、
あごの骨の正常な発達を妨げたりする恐れがあります。

 

さらに、乳歯は永久歯が正しい位置に生えるための
重要な目印であるため、
むし歯によってその形が変わると
永久歯の歯並びが悪くなることもあります。

 

子どもの健やかな発育のためにも、
幼い時期からむし歯予防に努めることは
非常に重要です。

 

 

 

 

◆歯みがきは強く磨くほど
 歯がキレイになる?

 

お口の中がネバついたとき、汚れを落とそうとして
ゴシゴシと強めに歯を磨いてしまったこと
ありませんか?
確かに、力強く磨いた後はネバつきも取れて、
一時的な爽快感を得られるかもしれません。

 

しかし、このように
力を入れた歯みがきを長く続けると、
歯の表面が削れたり、
歯ぐきが痩せて歯が長く見えたりするなど、
さまざまなトラブルを引き起こしてしまいます。

 

さらに、強く磨くと歯ブラシの毛先が
すぐに広がりやすく、
結果的に汚れの除去効率が落ちてしまうため
こちらも注意が必要です。

 

歯みがきの適切な力加減は150g~200g程度です。
強く力を入れるよりも、
軽い力で小刻みにブラシを動かすほうが
細かいすき間汚れまで
効果的に落とすことができます。

 

まずは歯医者さんで、
自分にあったブラッシング法を指導してもらいましょう。

 

 

 

 

◆定期的に通院して
 正しい情報をチェックしよう!

 

世間でまことしやかに語られる
歯科の情報のなかには不正確なものも多く、
昔は正しいと言われていた情報が
現在では否定されていることも
少なくありません。

 

 

 

そして、そのような誤った情報は
口内環境の悪化を招くリスクもあります。

 

お口の健康を守るためにも、
定期検診などで正しい情報を入手して、
適切な対処法を実践していきましょう!

 

 

 

 

 

 

ジャスミン歯科クリニック
〒261-0001
千葉県千葉市美浜区幸町2-17-1-101
TEL:043-204-5648
URL:http://www.1184618.com/
Googleマップ:https://g.page/r/CZXqfilmX6AXEBA

2024/03/26
当院のちょっと豆知識

ジャスミン歯科クリニック院長の丸山です。

新年度が始まりましたね。
が綺麗に咲いて、外に出るのにもとても心地よい季節になりました。
仕事や学校など、気持ち新たに頑張ろうという方も多いのではないでしょうか?

今日は当院について、ちょっとした豆知識をご紹介したいと思います。

開院当初から通ってくださっている患者様は、こちらのロゴに見覚えがあるかもしれません。



実は私の似顔絵は、有名漫画家の鳥山明先生のお弟子さんに描いていただいたものなのです!!

20年以上経ち少し姿は変わり(笑)今では使用していないロゴですが、とても気に入っています。

当院の初期の診察券をまだお持ちの方は、小さく載っているので、ぜひチェックしてみてください。


環境が変わり、体調の変化が口腔内にも現れる事があります。
歯磨きの時に血が出るようになった、何だか歯がしみる、歯ぎしりしてると家族に言われたetc…



歯肉炎の方の症例



ブラキサーの方(歯ぎしり、食いしばりの癖を持った方々)の症例


ほんの少しの変化も、実は治療のサインである事もあります。
定期検診(健診)で、お口の中の自己管理をしていきましょう!
ご予約お待ちしております。

院長 丸山勤






ジャスミン歯科クリニック
〒261-0001 千葉県千葉市美浜区幸町2-17-1-101
TEL:043-204-5648

ブログ一覧へ>

当院までのアクセス

  • 〒261-0001 千葉県千葉市美浜区幸町2-17-1-101
  • TEL043-204-5648

詳しい情報はこちらをご覧ください>

日・祝
9:00~13:00
15:00~19:30

※祝日がある週の木曜日は診療を行っています。