こんなお悩みありませんか?

一般歯科

一般歯科

  • 歯が痛い、しみる、咬むと痛い
  • 歯が欠けている、穴があいている
咬み合わせ

咬み合わせ

  • 左右バランス良く咬むことができない
  • 口を開けると、あごが痛かったり音がする
歯周病

歯周病

  • 歯ぐきが腫れている、出血する
  • 歯がグラグラ動いて咬みづらい
  • 口臭が気になる
歯を残したい方へ

歯を残したい方へ

  • お口の中の状態を、詳しく知りたい
  • 可能な限り歯を残したい
丁寧な根管治療

丁寧な根管治療

  • 歯がズキズキ痛む
  • 歯の根元のは歯ぐきに膿がたまって腫れた
小児歯科

小児歯科

  • 乳歯が残っているのに永久歯が生えてきた
  • 歯みがきを嫌がってしまって困っている
審美歯科

審美歯科

  • 歯の黄ばみ、黒味が気になる
  • 前歯のわずかなスキマやねじれが気になる
全顎矯正

全顎矯正

  • 歯並びが気になる
  • 咬み合わせが気になる
  • メインテナンスしやすいお口の中にしたい
部分矯正

部分矯正

  • 歯並びに部分的に気になる場所がある
  • 前歯のわずかなスキマやねじれが気になる
インプラント

インプラント

  • 健全な歯を削らずに失われた部分の咬み合わせを回復したい
  • 入れ歯・ブリッジが合わない
入れ歯

入れ歯

  • 義歯で食事を美しく食べたい
  • 入れ歯がゆるい、合わない

ジャスミン歯科クリニックについて

ジャスミン歯科クリニック
ワイヤー矯正
磁性アタッチメント義歯
金属床オーバーデンチャー
ノンメタルクラスプ義歯
インプラント
無痛治療
再生療法
自家歯牙移植
エクストリュージョン
インプラント矯正
アライナー矯正

ジャスミン歯科クリニック

患者さまに対して誠実な歯科医師でありたい

患者さまとお話させていただく際に、ジャスミン歯科クリニックでは「誠実であること」を心がけています。

歯科治療は日進月歩。治療方法や材料などは、それぞれにメリットとデメリットが必ずあるものです。
専門家の立場から、いいことばかりでなく、悪いことも虚飾なくお伝えしなければ、患者さまがご自分にとって「これが一番いい」と考える選択はできません。
長い時間が経っても、「あのときこれを選択してよかった」と、
そう思っていただける治療を行うこと。
それがジャスミン歯科クリニックのモットーです。

当院の特徴へ>

ジャスミン歯科クリニックの4つのポイント

徹底したカウンセリング・プロファイリング

POINT01
徹底したカウンセリング・プロファイリング
患者さまお一人おひとりの咬み合わせを長期に渡り維持できるように、治療方針・メインテナンス方針を決めてから治療を行います。お口の中の状態は、日々変化していくもの。特にむし歯や歯周病のリスクが高い方、咬み合わせの不揃いが大きい方、歯ぎしりや食いしばりといった咬み合わせをするときに癖がある方などは、定期的にお口の中をモニタリングしていくことが重要と考えます。

そのため当院では、患者さまごとにファイルを作り、口腔内写真や口腔内レントゲン、歯周病チャートや治療方針などを一括管理し、経時的変化もわかりやすく説明できるように努めています。また、できるだけ複数の治療方針をご提示して、患者さまに十分ご理解いただいた上で選択していただき、治療を行っていきます。
メインテナンスの期間についても、ご相談の上決めさせていただいております。

歯をしっかり守ります

POINT02
歯をしっかり守ります
“ご自分の歯で、長期間にわたって咬むことができること”を目標に、セルフケアとプロケアを行っていきます。当院では“むし歯”についても“歯周病”についても、患者さまの口腔内の状態を知っていただくために口腔内写真や丁寧な検査や歯の染め出し等による”見える化“を図っております。

ひとことで”むし歯“”歯周病“といっても、進行度合いや場所や範囲、咬み合わせの状況など、患者さまによりまちまちです。ですから、ご自分のお口の中の状態を良く知っていただき、適切なプラークコントロールの方法をセルフケア・プロケアの両面から、熟練した歯科衛生士により提案させていただきます。

よりきめ細やかなケアを行うためのツールも準備しております。むし歯や歯周病は感染症です。治療後についても定期的にメインテナンスしていくことが重要だと考えます。そのため、治療後の改善された状態を維持できるように、熟練した歯科衛生士が患者さまの状況に合わせたメインテナンスを行っていきます。

天然歯を残すことにこだわります

POINT03
天然歯を残すことにこだわります
患者さまお一人おひとりの咬み合わせを長期に渡り維持できるように、治療方針・メインテナンス方針を決めてから治療を行います。

“歯”と“樹木”は、ある意味において似ています。枯れ木は曲げると折れやすいですが、生木はしなって容易に折れません。私たちの歯(天然歯)も同じで、歯の神経(歯髄)が残っている方が折れるリスクは減ります。

また、天然歯の歯根とあごの骨との間には“歯根膜”という繊維性のクッションが存在して、健全な咬み合わせを維持するための役割を果たしていますが、人工物でこれに代替するものはありません。そのため私は、天然歯を残すこと、歯髄を残すことを優先的にご提案させていただいております。

咬合再構築も積極的に対応いたします

POINT04
咬合再構築も積極的に対応いたします
むし歯や歯周病や力の問題を放置してしまったために、咬み合わせが難しくなってきた場合もあきらめないでください。思い立ったその日から、咬合再構築をしていきます。永久歯は、全部で28本(智歯を含めると32本)あり、前歯・犬歯・臼歯とそれぞれの役割を担っています。

むし歯や歯周病が進行したり、歯が折れたりして歯の数が減ってくると、咬み合わせたときに上下のあごを支える歯の数も減ってきてしまいます。おみこしに例えると、沢山の人で支えているときは一人一人の負担は少ないですが、人数が減ってくると一人一人の負担が増えてきます。更に力の負担が増えてくると、それに耐えられなくなり、加速度的に一人また一人と脱落していきます。最終的にはおみこしを担ぐ人がいなくなり、地面に置かれた状態になります。

お口の中も同じで、今までの様に咬めなくなる“咬合崩壊”が起こります。正しい咬み合わせの位置が失われてしまいますので、“咬合再構築”が必要になります。当院では、患者さまの状態を把握させていただき、ご希望をお伺いし相談しながら、
治療方針を決めていきます。まずは当院にご相談ください。

天然歯を残すための理想的な方法として矯正歯科を位置付けています

ワイヤー矯正
ワイヤー矯正
詳しく見る>
アライナー矯正
アライナー矯正
詳しく見る>
部分矯正
部分矯正
詳しく見る>
小児矯正
小児矯正
詳しく見る>

あなたの歯並びはどのタイプ?あなたの歯並びはどのタイプ?

矯正治療のスタートは、何よりもお口の中の現状を把握することから始まります。
矯正治療でよくある歯並びのタイプをご説明いたします。

ジャスミン歯科ブログ

2022/10/06
痛みを知らせるだけではない?神経の役割とは!

 

こんにちは。院長の丸山です。
秋が深まる10月は栗がよく採れる季節。

 

食べものとして親しまれる栗は、
染物の材料としても活躍します。
なかでもイガの部分を使うと、
落ち着いた風合いの茶色が楽しめるそうです。

 

 

ところで、イガのような尖ったものを触ると、
チクチクとした刺激を感じますよね?
このような感覚があるのは、
皮膚に神経が通っているためです。

 

実は、私たちの『歯』にも神経が通っており、
「むし歯が痛む」のは、
この『神経』が関係しているのです。

 

 

 

 

◆むし歯が神経まで達すると…

 

むし歯ができた際、
ズキズキとしたひどい痛みを感じるのは、
むし歯菌が「歯髄(しずい)」と呼ばれる
歯の内側の神経組織を攻撃しているためです。

 

歯髄まで達するほど大きいむし歯ができてしまうと、
細菌によって神経が侵されてしまうため、
「歯髄をすべてとり除く処置」をしなくてはなりません。

 

 

 

 

 

◆できれば「神経」はとりたくない…

 

神経をとると、当然ながら
痛みを感じることがなくなります。

 

そのため、
一度「歯髄をとる治療」を経験すると、
次にむし歯になったときに、小さなむし歯でも
「痛いからすぐに神経をとってほしい!」
と考えてしまう方もいらっしゃいます。

 

しかし、それは大きな間違いです!

 

なぜなら歯髄には、
「歯に栄養を運ぶ」という、
とても大切な役割があるためです。

 

歯髄をとってしまうと
本来なら運ばれるはずの栄養が失われるため、
歯は枯れ木のようにもろくなります。

 

そうなってしまえば、
欠けたり、ひび割れたりするなど、
確実に寿命が短くなってしまうのです。

 

 

 

そう、丈夫で健康な歯でいられるのは、
歯髄(神経)があるおかげなのです。

 

 

 

 

◆歯髄(神経)が無くても「むし歯にはなる」!

 

歯髄(神経)が無くなると痛みを感じなくなりますが、
「むし歯にならない」わけではありません!

 

 

逆に言えば、歯髄をとってしまうと
むし歯が進行しても、すぐ気づくことができず、
気づいた頃には、もう歯がボロボロに…
ということも珍しくないのです。

 

 

 

 

◆歯の寿命を延ばすために大切なこと

 

健康で丈夫な歯を残し、
一生豊かな食生活を送る
ためには、
やはり『神経を残すこと』は欠かせません。

 

 

もちろん、どうしても我慢できないほど痛むときや、
重度のむし歯にはやむを得ず神経をとることを
ご提案させていただくこともあります。

 

しかし、
「神経をとればすべて解決!」

 

…というわけではありません。

 

 

むしろ神経をとった歯は、
むし歯の発見が遅れないように
定期検診で注意深く
チェックする必要
があります。

 

 

また、
「神経の残っている歯」がむし歯になっても、
定期検診に通っていれば早期発見ができるため、
神経をとらずに済む可能性が高まります。

 

 

 

 

お口には『むし歯』だけではなく、
『歯周病』をはじめとした
自覚のない病気が他にも潜んでいます。

 

 

定期検診は、そうした
「隠れた病気」を見つけ出す
とても重要な機会です。

 

皆さまの歯を守るため、
ぜひ習慣づけていただければ幸いです!

 

 

 

ジャスミン歯科クリニック
〒261-0001 千葉県千葉市美浜区幸町2-17-1-101
TEL:043-204-5648

2022/09/05
5人に1人がかかる!?エナメル質形成不全

 

こんにちは。院長の丸山です。

秋はお月見シーズン!
9月は1年で最も美しいと言われる、
「中秋の名月」も空に昇ります。

月を眺めながらお団子をいただくというのも、
なかなか風情がありますよね。

 

さて、夜空に輝く月は美しいものですが、
歯も白く輝いていると
口もとが美しく見えませんか?

歯が白く見えるのは、
エナメル質という組織があるからです。

 

しかし、このエナメル質が
正常に形成されない事があります。

 

 

 

 

◆エナメル質の役割

 

歯はエナメル質・象牙質・セメント質という
3つの層からできています。

そのうちエナメル質は
人間の体の中で最も硬い組織
です。

 

歯の一番外側にあり、
熱いものや冷たいもの、酸性の食品などが
敏感な象牙質に触れないように
刺激やむし歯から歯を守っています。

歯に白い輝きを生み出しているのも、
このエナメル質のおかげです。

 

 

 

 

 

◆そんなエナメル質が「もろく」なる?

 

ところが、大事なエナメル質が不完全な状態で
歯が生えてくることがあります。

 

歯の表面に
ボソボソとした「白いまだら」が生じたり、
むし歯でもないのに、歯の一部が
茶色や黄色に変色したりしていた場合は、
『エナメル質形成不全』の疑いがあります。

 

また、重度の場合
歯の表面がデコボコしたり、
歯を覆うエナメル質が無いため、
象牙質がむき出しになったりしてしまいます。

 

 

 

 

しかも、エナメル質形成不全の症状がある歯は
見た目の変化だけでなく、
通常の歯よりもむし歯になりやすい
という特徴もあります。

 

エナメル質形成不全の発症しやすい箇所は
奥歯(第一大臼歯)と前歯です。

 

特に奥歯は汚れが溜まりやすく、
むし歯になりやすい
ため十分注意が必要です。

 

 

 

 

◆子どもの5人に1人が発症!?

 

日本小児歯科学会が
7歳から9歳の児童を対象に行った調査によると、
地域差はあるものの
およそ5人に1人がエナメル質形成不全
という結果が出ています。

 

エナメル質形成不全は決して珍しいものではなく、
思いのほか、高い頻度でかかり得る疾患なのです。

 

 

 

しかも、乳歯の場合、
もともとエナメル質が薄く、
むし歯になりやすい
のですが、
エナメル質形成不全の歯がむし歯になってしまうと
あっという間に
歯の神経まで進行してしまう
ため、
より一層注意が必要になります。

 

乳幼児検診や学校の歯科検診で
エナメル質形成不全と
診断されることもあるかもしれませんが、
その場合は必ず定期的に歯科に通い
チェックをしてもらうことが重要です。

 

そして、日頃からしっかりセルフケアもおこない、
お子さまの大切な歯を守っていきましょう。

 

 

 

ジャスミン歯科クリニック
〒261-0001 千葉県千葉市美浜区幸町2-17-1-101
TEL:043-204-5648

2022/08/29
矯正すると歯はなぜ動くの?
こんにちは!院長の丸山です。

今回は、“矯正治療で歯がなぜ動くのか”ということについてお話しします。


歯はあごの骨にしっかり固定されていて微動だにしないと思われている方も多いのではないでしょうか?しかし、私たちの歯とあごの骨との間には、歯根膜というクッションが存在しています。これにより生理的動揺といって、0.1mm程度は動いてるのです。




しかし矯正治療で、歯を長い距離を移動させる場合は、特殊なことが歯のまわりで起こっています。
矯正のブラケットとワイヤーを歯につけると、歯根膜が緩んで生理的動揺の範囲をこえて歯が動揺してきて歯が動きやすくなります(レベリング)。




更に、動かす歯にワイヤーのループやゴムの力をかけると、




イラストの赤い色の“押されている側の歯根膜”は圧迫されることで縮み、反対に青の色の“引っ張られている側の歯根膜”は伸びることによって隙間ができます。

赤い部分は、もともとあった歯根膜が縮んだため、歯根膜を元の厚さに戻すために破骨細胞が骨を溶かし、反対側の伸びた青い部分の歯根膜は、元の厚さに戻ろうと骨芽細胞が隙間部分に新しく骨を作っていきます。




このように、骨の吸収と再生を繰り返しながら少しずつ歯の位置が変化していくということが、矯正治療により歯が移動していく仕組みです。


今回は“矯正治療で歯がなぜ動くのか”について簡単に説明させていただきました。

矯正について疑問に思うこと、不安に思うことは皆さんそれぞれあると思います。
気になる方は、当院の“矯正相談”を受けていただくことをお勧めします。
院長が可能な限りわかりやすくご説明いたします。



ジャスミン歯科クリニック
〒261-0001 千葉県千葉市美浜区幸町2-17-1-101
TEL:043-204-5648

ブログ一覧へ>

当院までのアクセス

  • 〒261-0001 千葉県千葉市美浜区幸町2-17-1-101
  • TEL043-204-5648

詳しい情報はこちらをご覧ください>

日・祝
9:00~13:00
15:00~19:30

※祝日がある週の木曜日は診療を行っています。